ldlコレステロールで動脈硬化を撃退しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

甘味料のひとつ

血液

ヘモグロビンa1cの上昇は、糖尿病を招きます。糖尿病にならないためにも数値を安定させなければなりません。ステビア配合のサプリメントを取り入れて、予防すると良いでしょう。質の良い睡眠も数値を安定させる効果があります。

肝臓の働きとシジミの成分

栄養剤

オルニチンというアミノ酸の1種は、肝臓の働きの一つである解毒作用をサポートするために必須の栄養成分で、シジミに多く含まれています。また肝臓が様々な有害物質を解毒する作業に疲れてしまい働きが疎かになると、体は疲れを感じるようになります。疲労回復にもオルニチンはとても効果的です。

動脈硬化を防ぐために

サプリメント

肝臓がカギになる

ldlコレステロールとは悪玉コレステロールとも呼ばれています。本来は人間の身体の中では細胞膜を作ったり、ホルモンの原料となる生きる上ではなくすことが出来ないものです。しかしldlコレステロールが必要以上に多くなってしまうと血管の中に溜まってしまい、血管の柔軟性を失わせてしまう原因となったり、血管の内部を細くして血液が流れる量を減少させてしまうという悪影響を及ぼしてしまいます。コレステロールの多い食べ物を摂取しすぎるのが悪いと考えられていますが、ldlコレステロールの約8割は肝臓で製造されています。そのため、健康な人ならば食べ物からのコレステロールの摂取を過度に気にする必要はないのですが、肝臓の働きの方を注意した方が良いと言われています。

食事の改善とサプリメント

ldlコレステロールの数値が上昇しているということは、肝臓に脂肪がたまってしまう脂肪肝になっていることが多いと言われています。特に脂っこいものや甘いものなどを長期間にわたって摂取していると、脂肪肝になってしまってldlコレステロールの数値が上昇してしまうと言われています。他にもアルコールの過剰摂取も肝臓に悪影響を与えてしまいます。カロリーの過剰摂取に気をつける、肝臓に悪影響を与える食べ物を過剰摂取しないということとともに、肝臓で合成されるコレステロールの量を低下させる効果があるサプリメントを摂取するという方法でldlコレステロールの量を減らしていくことが出来ます。特にDHAやEPA、ナットウキナーゼなどに数値の改善効果があることがわかっています。

ホルモンバランスの重要性

生薬

更年期障害の症状で悩んだ時には、漢方薬での治療をおすすめします。漢方薬は体内のバランスを整えるため、ホルモンバランスの乱れにより起こる更年期障害の治療には適していると考えられます。苦味や臭いが気になる方は、服薬用のゼリーなどを利用しましょう。